エンジニアステップ

初心者・未経験エンジニア向けの技術ブログ

エンジニアの独立準備(SOFT SKILLSを読んで)【フリーランスとして独立した私の考えを追記】

エンジニアの独立について勉強になる本は「SOFTSKILLS」です。

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

 

独立する前に読んでいたのですが、独立後に改めて読むと色々と発見がありました。

 

SOFT SKILLSで語られる独立の形

SOFT SKILLSで語られる独立の形は

  • エンジニア
  • コンサルタント
  • アントレプレナー

 などがあります。

それぞれポイントをまとめます。

 

エンジニアやコンサルタントとして独立する

エンジニアやコンサルタントとして独立するというのがまず思いつく方法だと思います。

この場合にポイントとなるのは以下の通り

  • 会社を辞めるにはしっかりしたプランが必要
  • 新しい仕事を副業としてはじめ、それをフルタイムでやり始めるまでに成功させておくべき
  • 意外と自分が働いていないことに気づく(タイムトラッキングしてサボっていないか確認するべき)
  • インバウンドマーケティングが成功するようなメディアを持つこと
  • 一般的な目安として、フリーランスの時間給与はフルタイム社員の2倍必要

 

 【独立後の追記】

・思った以上にサボってしまう→タイムトラッキングは必須だった

・メディアを持つ→これの効果は大きい!絶対にポートフォリオorブログを持つべき

 

あと、先立つものはお金と支出だとか

実は、ジョーはかなり前から会社を辞めることを考えている。まずは、月々の出費を減らし、現金を蓄えることから始めた。

ジョーは、自営になったらちょっと息を抜きたいと思っているので、1年分の生活費を備えて、少なくとも最初の年は持ちこたえられるようにしてある。

引用元:SOFT SKILLS

 【独立後の追記】

これは本当に大事です。

お金が無いと、精神的に余裕がなくなってしまいますので、生活コストを下げておくのは早めにやったほうが良いです。

 

アントレプレナーになる

アントレプレナーになる道もあります。

アントレプレナーになるということは、自分のアイデアや商品を売るということです。

※例えば、ウェブアプリやウェブサービス、スマホのアプリを作るなど

 

フリーランスになるときと同様に、「小さく始めて、テストする」ことが重要です。

おすすめの本は「リーンスタートアップ」という本だそうな。

リーン・スタートアップ

リーン・スタートアップ

  • 作者: エリック・リース,伊藤穣一(MITメディアラボ所長),井口耕二
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2012/04/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 24人 クリック: 360回
  • この商品を含むブログ (96件) を見る
 

 【独立後の追記】

いろいろ考えた結果、やはりアントレプレナー方面が1番良いかなと思います。

一人で法人化している人や一人でサービスを作ったりしている人は、意外と多くいます。

技術以外のこと(営業や経営やマーケティング)も学ぶ必要は出ますが、面白いです。

 

SOFT SKILLSの著者ジョン・ソンメズのやり方

SOFT SKILLSの著者ジョン・ソンメズのサイトはこちらです。自己ブランディングするには参考になりそう。

» 参考:Home - Simple Programmer

 

最近はYoutube動画もだしているようです。

www.youtube.com

 

改めて、独立後に読むと「フリーランスエンジニアの教科書」のような内容だなと思いました。

独立を考えている人も、いない人も、エンジニアとしてのキャリアを考えるために必読です。

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

 

www.engineer-step.com