エンジニアステップ

初心者エンジニア(1年目~3年目くらい)のための技術ブログ

Make:PROJECTSの「RaspberryPi」「Arduino」はじめよう本が良書

オライリー・ジャパンが出している、Make:PROJECTSの本「RaspberryPiをはじめよう」と「Arduinoをはじめよう」が良い本でした。

家で、電子工作遊びしたい人にはオススメ。

 

ちなみにRaspberryPiとArduinoはどちらもDIYプラットフォームです。

一番大きな違いは以下の通り

  • RaspberryPi:OSが乗っている
  • Arduino:OSが乗っていない

Arduinoの方がOSが乗っていないし、出来ることが少ない分安い、とも言えますが、そもそも目的が違うものなので、同列で比較するのも違うんですけどね。

 

詳しくはこちらのサイトが分かりやすいです。

Raspberry PiとArduinoの違い | Make.

 

Arduinoをはじめよう

Arduinoは2つの要素で成り立ちます。

  1. Arduinoボード(HW)
  2. Arduino IDE(SW)

※IDEとは統合開発環境の略です。

 

Arduino(HW)とパソコンをつないで、IDEで色々と操作をするイメージ。

この世界での「HelloWorld」は、LEDGERの点灯です。

HWにLEDを刺します。そのHWにパソコンを繋いで、IDE(SW)から命令を出します。

 

Arduinoは普通のコンピュータと違って、同時に複数のプログラムを実行したり、実行中の処理を止めることが出来ません。

業務系で組込をやったことない人にはイメージがつかないかも知れませんね、イメージ的にはずっとMain関数(エントリポイント)から、Whileループで処理が続く感じ。

 

とかいう感じの初歩の初歩から分かるので、初心者にオススメです。というか、ほんのタイトルからして「はじめよう」ですからね。

 

電子工作の分野って何かやりたいことがあれば、そこに向かって最短距離で学んでいくのが一番効率良いです。

ただ、そういうものがなく、電子工作ってなにそれ?面白そう、くらいの人にはこういった本を読んで、何が出来るのかをなんとなく知ることに価値があると思います。

 

Raspberry Piをはじめよう

さて、ArduinoとRaspberry、どちらかというとRaspberryPiからの方が始めやすい人が多いと思います。というのも、結局これはOSが入ったパソコンだからです。

※ただしWindowsではないので、ちょっと感じは違いますよ

 

RaspberryPiは、普通のパソコンとしても、プログラミングの学習としても使えます。

しかし一番楽しい使い方は自作のプロジェクトのプラットフォームとして使うことでしょう。RaspberryPiを司令塔として、家電やLEDをコントロールするような。

 

そんなRaspberryPiの基本的な使い方を知るためにはおすすめの本です。

ただLinuxとかコマンドラインとかに「抵抗感がない」人じゃないと厳しいかも。。。

 

まとめ

私はとりあえずこの2冊でRaspberryPiと、Arduinoを連携させて、センサーもつないで、LEDカチカチしたりして遊びました。

ちゃんと読めば分かるのですが、マイコンボードとか、電気回路とかの知識がまったくないと厳しいかも。

そう言う人は、何かのセミナーなどにいくのが一番てっとり早いかもですねー。

物理的なミスというのは気づきづらいので、最初は経験者に教えてもらったほうが楽です。

 

あと、初心者はRaspberryPiとArduinoは単体で買うのは絶対にやめておきましょう。

スターターセットみたいなもので買っておいたほうが良いです。

これやりたいけど、できない、となって行き詰まる可能性が高いですので。