エンジニアステップ

初心者エンジニア(1年目~3年目くらい)のための技術ブログ

Windows10環境でPython開発環境を構築しHelloWorld表示するまでの方法まとめ

Windows10環境でPython開発環境を構築する方法です。

初心者にオススメなのは以下の通り。

  • ディストリビューション:Anaconda
  • IDE:PyCharm

簡単に言いなおすと

  • Anacondaと呼ばれる「便利グッズ」がまとめて入ったものをインストールする
  • IDEと呼ばれるプログラミングを実際タイピングしたり実行するのに便利なソフトウェアを、PyCharmと呼ばれるソフトにすること

です。

 

 

Anacondaのダウンロード

まず、Anacondaをダウンロードします。

 

最新の3.0系バージョンの最新にしましょう。

2.0系をおすすめする書籍もありますが、2018年現在は3.0系で9割の初心者が問題ないと思います(データはないですけど)

 

Windowsが64bitか32bitかは

「コントロール パネル\システムとセキュリティ\システム」

で確認できます。

 

Downloads - Anaconda

 

f:id:alpacajp:20181024155329p:plain

 

これは無視してOK↓

f:id:alpacajp:20181024155331p:plain

 

Anacondaのインストール

Anacondaのインストールします。

ダウンロードしたexeファイルを実行しましょう。

f:id:alpacajp:20181024155626p:plain

 

Next, Acceptを押していけばOK。

最後のInstall前に「Add Anaconda to my PATH environment variable」のチェックをONにしておきましょう。

そしてInstallです。

f:id:alpacajp:20181024155855p:plain

一応補足です。

この環境変数(PATH)というのは初心者が混乱に陥りがちなところです。

色々な場所からアプリケーション(EXEなどの実行ファイル)を呼び出す時に、場所を指定する必要があります。

その設定に使うのが環境変数…と考えておけばとりあえずはOK。

 

インストールは時間がかかるので待ちましょう。

 

ちなみにVisualStudioCodeをインストールしますか?という質問がありますが、してもしなくてもどちらでも。

簡単に言うと、VisualStudioCodeはテキストエディタの超リッチなフリーソフトなので、使いこなせれば便利なソフトです。

面倒くさかったら入れなくてもいいです。

 

IDEはPyCharm一択

pythonを使う時のIDE(統合開発環境)はPyCharm一択です。

PyCharm: Python IDE for Professional Developers by JetBrains

 

日本ではあまり知られていませんが、JetBrains社という世界的ほぼ標準のIDEを開発している会社があります(AndroidStudioで有名)。

そこが出しているPyCharmがオススメです。

 

無料でお試しするならまずは「PyCharm Community Edition」をどうぞ。

インストール時は、「Create Associations」(拡張子の関連付け)をやっておいたほうが良いでしょう。

「.py」拡張子のファイルをユーザ操作(ファイルのクリックなど)で開くときに、PyCharmを使うようになる設定です。

f:id:alpacajp:20181024162335p:plain

 

PyCharm Professional Editionについて

もしPyCharmを使って良いなと感じたら、有償の「PyCharm Professional Edition」を買ったほうが良いですよ。

エンジニアは道具にできるだけお金を出したほうが良いです。

時間の節約になります。

特にこの会社が出しているIDEは最強な物が多いので、買って絶対に損はしません(私は2年分くらい、全製品のライセンスを買っています)

 

Professional Editionの特徴は以下の4つです(他にもあるけど)

  • Web開発関連のプラグインあり
  • WebApplicationFramework対応
  • DB対応
  • SQL対応

 

PyCharmの魅力まとめ

PyCharmの魅力まとめです。

  • out of the box(箱から取り出してすぐに使える=難しい設定不要で使える)
  • 予測変換などが異常に賢い
  • 自分でタイピングしなくても色々勝手にやってくれる

という感じ。

賢い秘書というイメージですよー。

 

PyCharm起動

PyCharmを起動しましょう。

Set UI Themeということで、どちらか好きな方を選んでください。

※個人的には長時間見ると目がつかれるので黒背景(Darcula)のほうが好きです

f:id:alpacajp:20181024162619p:plain

 

Pluginは多分いらないので、無視して「Start using PyCharm」を選択しましょう。

※Vim使いとかはこのページ見てないと思うので…

 

次にやるのはCreate New Projectです。

f:id:alpacajp:20181024170040p:plain

 

次の画面で、Locationを好きな場所に選びます(デフォルトでもいいですが、自分で把握できる場所にしたほうが良いですよ)

 

f:id:alpacajp:20181024171020p:plain

その後、「▼Project interpreter…」で隠れている箇所を開きます。

Existing Interpretererの所になにもないはずなので、右側にあるボタン「…」を選択しウィンドウを開きます。

 

するとこんな画面が開くはず。 

System Imterpreterを選択し、OKを押します。

f:id:alpacajp:20181024171151p:plain

 

そして先程のNew Project画面に戻り「Create」ボタンを押します。

 

この後、PyCharmの使い方を教えてくれる「Tips」が出てきますが無視して大丈夫です。

初めて起動したときは、裏側で色々とPythonga動いています(一番下のステータスバーを見ると、なにか行われているのも分かるはず)

しばし、放置するのもありですよ。

 

PyCharmをつかってはじめてのHello Worldまで

PyCharmをつかってはじめてのHello World表示まで行いましょう。

※Hello World表示とはプログラミング初心者が最初に、プログラムを作って、パソコンに命令を与えるときによくやる処理です。一番簡単な「文字表示処理(出力処理)」なので、今でも使われがちです

 

まず、自分が名付けたプロジェクトのフォルダアイコンを右クリックします。

「New」→「PythonFile」を選択します。

ファイル名は何でもOKです。

「test」で良いでしょう(拡張子のpyは勝手につけてくれます)

 

そのファイルに

print("hello world") 

 と入力しましょう。

※C言語習得者は「printf」のfをつけないように注意しましょうね

 

その後上のツールバーから「Run」を選び、Runを押します(プログラムを実行するということ)。

そうすると、下のエリアに「hello world」と表示されるはず。

f:id:alpacajp:20181024172308p:plain

ここまでくれば、プログラムへの命令(文字の出力処理)に成功です。

 

以上、「Windows10環境でPython開発環境を構築しHelloWorld表示するまでの方法まとめ」 でした。