エンジニアステップ

初心者エンジニア(1年目~3年目くらい)のための技術ブログ

「Real World HTTP」の感想

「Real World HTTP」という本を読みました。

ウェブ技術を知りたい方は必読です。HTTPとウェブの発展の歴史が分かるのが良い点です。

結局、どういうコンセプトで技術が発展してきたのか、ということが分かることが理解の近道です。初心者エンジニアにはオススメです。

 

HTTPとは

  • WebブラウザとWebサーバが通信する時の手順とフォーマットをルール化したもの
  • 拡張性を持ったプロトコル
  • データのシンタックス(文法・表現方法)とデータのセマンティクス(意味)の2階層に別れる

 

HTTPの基本要素

  1. メソッドとパス
  2. ヘッダー
  3. ボディ
  4. ステータスコード

 

HTTPの歴史

  • 1990年:HTTP/0.9
  • 1996年:HTTP/1.0
  • 1997年:HTTP/1.1
  • 2015年:HTTP/2

 

最初のHTTP0.9はシンプルなプロトコルでした。テキスト情報が書かれたページのパスをサーバに指定してそれを取得するだけです。

とはいえ、この時点で「ブラウザから文書をリクエスト → サーバがデータを返す」というウェブの基本的な骨格はこの時完成しました。

 

HTTP1.0は、HTTP0.9で出来なかった問題を解決するために、生まれました。

問題はこちら。

  • 1つのドキュメントしか送れない
  • 通信内容が全てHTML文書という想定なので、ダウンロードするコンテンツのフォーマットをサーバから伝える手段がない
  • クライアント側から検索のリクエストを送る以外のリクエストを送信できない
  • 新しい文書の送信、更新、削除ができない

 

HTTP1.0での変更点はこちら

  • リクエスト時のメソッドにGETが追加
  • リクエスト時にHTTPバージョンが追加
  • ヘッダが追加(Host, User-Agent, Accept)
  • リクエストにコンテンツを含められるようになった

 

まとめ

HTTPのことを通じて、ウェブの歴史が知れる本でした。

ネットの情報だとそういった細かいことが分からないので、大変役に立つ本でした。

こうやって、歴史や、背景を知らないとなかなか使える知識にはなりませんね。