エンジニアステップ

初心者エンジニア(1年目~3年目くらい)のための技術ブログ

DAY28.『ヒアリングシートを作ろう』 #30DAYSトライアル

DAY28.『ヒアリングシートを作ろう』#30DAYSトライアルです。 

» 参考:【初心者からサイト制作で月5万円を稼ぐための30日間トライアル】まとめ

www.engineer-step.com

 

DAY28.『ヒアリングシートを作ろう』

DAY28.『ヒアリングシートを作ろう』ということで、営業・ビジネスのノウハウを学びます。

 

 

自分のヒアリングシート作り

自分のヒアリングシート作りということで、ショーヘーさんが書いていた項目を元に、考えてみました。

 

私なりに抽象化すると、2つの目的を果たせればOKかなと思っています。

  1. 「サイトのデザイン作り」に役立つコンセプトやターゲットを知る
  2. 「具体的なコンテンツ作り」に必要な情報を知る

この目的を果たすために、シートを作れば良いかな、と。

 

となると、質問項目はこんな感じになるかなあ、と思っています。

 

■サイトのデザインを作るためにお答えください
【1】企業理念、コンセプト、他社と比べた時の強み
【2】サービス・商品のメイン客層(年齢、男女比、職業)
【3】HPを訪れた人に見せたいイメージ(例:カッコいい会社、温かみある会社、奇抜なセンスのある会社、技術力の高い会社...etc)

 

■具体的なコンテンツ作成のためにお答えください
【4】強調したいサービス・商品と、その特徴
【5】HPに必ず載せたい内容は?(例:会社概要、事業内容、商品紹介、採用についてなど)

 

あとは実際に友人とやり取りしていて、ちょっと迷ったのが「色&基本テンプレート」です。

この辺りは「こちらにお任せで!」でやっても良いと思うのですが、相手方に要望がある可能性もあります。

なので「完成イメージを共有する」ために以下の質問を追加するのもありかな、とも思います。

 ↓

 

■完成イメージを共有するためにお答えください

【6】参考にしてほしいWEBサイトはありますか?

【7】基本となるイメージカラー(コーポレートカラー)はありますか?

 

 

…とはいえ、この辺りは想像ですw

実際にやりながら最適解を探っていくのが良いと思っています。

 

例えば、

  1. 【相手】ヒアリングシートを、顧客に書いてもらう
  2. 【自分】そのシートを元にして、テンプレートを選ぶいくつか選び提示する
  3. 【相手】理想に合うテンプレートを選ぶ
  4. 【自分】製作開始する

という流れが手戻りないかもしれません。

 

いずれにせよポイントは

  • 「相手と自分の手間を最小化する」
  • 「相手の期待と完成品の違いを最小化する」

 でして、ヒアリングシートはその手段だと思います。

 

以上、DAY28.『ヒアリングシートを作ろう』 でした。 

 

【前回記事はこちらからどうぞ】