エンジニアステップ

初心者エンジニア(1年目~3年目くらい)のための技術ブログ

Windows Subsystem for Linuxのインストール方法。WindowsでUnixコマンドを使いたい

Windows Subsystem for Linuxのインストール方法です。

Windows10環境で「Pythonクローリング&スクレイピング」本の内容を実行する=Unixコマンドを扱いうためです。

 

Linuxコマンドを使う

WindowsではLinuxコマンドを使えません(デフォルトでは)。

そこで、仮想環境を用意してその上で使うか、Cygwinなどのソフトウェアを入れるか、というのが選択肢としてあります。

 

しかし私は第3の選択肢として、試しにWindows Subsystem for Linuxをインストールして試してみました。

 ※面倒くさかったらCygwinというソフトを入れたほうが早いかも

 

Windows Subsystem for Linuxのインストール方法

Windows Subsystem for Linuxのインストール方法はこちら。

  • スタートボタンを右クリック
  • アプリと機能をクリック
  • 右上にあるプログラムと機能をクリック
  • Windowsの機能の有効化または無効化をクリック
  • 「Windows Subsystem for Linux」にチェックを入れてOK
  • 再起動する

これでLinuxを使う準備ができました。

でもまだやることあります。

  • スタートボタン右クリック
  • 「設定」をクリック
  • 「更新とセキュリティ」をクリック 
  •  「開発者向け」をクリック
  • 「開発者モード」にチェックを入れる

あとはスタートメニューに追加されたUbuntuを起動して、インストールが終わるのを待ちます(数分かかります)

このあと、ユーザ名とパスワードの入力を求められるので入力してください(パスワード入力時に、表示されないので注意しましょう)

 

最後にリポジトリのデータを取りに行く先を海外から日本に変更しましょう。

以下のコマンドを打てばOK。

sudo sed -i -e 's%http://.*.ubuntu.com%http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux%g' /etc/apt/sources.list

 

wgetコマンドを使う

上記のように仮想環境をインストールできたら、wgetコマンドなどを使うことが出来ます。

※本にも書いていますが、Windowsのコマンドでは存在しません(wgetという名前でネットからデータを持ってくるプログラムがないということ)

 

ちなみに、コマンドを使う前に

sudo apt update

sudo apt upgrade

 をしておいても良いと思います。

apt-get updateはパッケージリストの更新で、

apt-get upgradeはインストールされてるパッケージの更新です。